夢がかなう成功体質づくりは、幸せ貯金から

こんにちは、齋真一です。

【うるおい漢方】×【コーチング】の視点から、
夢がかないやすくなる、成功体質のポイントをお伝えします。

今回のテーマは、
健康、人間関係、仕事、経済、あらゆる自己実現に共通する超重要ポイントになります。

成功体質の3つの特徴

まずは、成功体質に、特徴的な思考や行動パターンです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

成功は習慣によって決まり、
習慣は行動によって決まり、
行動は思考によって決まり、
思考は世界観によって決まる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夢がかなう成功体質の特徴として、

思うような結果が得られなくても、かなうまであきらめずチャレンジする

ストレスを、ポジティブなストレスとして受け止める

じぶんが大好きなことで相手に貢献して、信頼できるチームをつくっている

という3つの特徴があります。

夢がかなうまで、周囲と協力して、
行動しつづけるのだから、当然といえば当然です。

それは、

「根拠のない自信」
「ピンチはチャンス」
「ギブアンドギブ」

の、思考・マインドセットとも言い換えられます。


ところが、
「根拠のない自信」をもとう!
とか、
「ピンチをチャンス」と考えよう!
とか、
「ギブアンドギブ」まず与えよう!
といわれても、

頭ではわかっていても・・・
表面的でおわってしまう・・・
与え続けて疲れてしまう・・・
ということが多いのではないでしょうか?

成功体質の思考や行動パターンは、
その部分だけを、気合や頑張りで真似してもうまくいきません。

なぜかというと、
成功体質の思考や行動パターンは、
大前提となる世界観から、自然にでてくる行動原理だからです。

成功体質の世界観

「根拠のない自信」
「ピンチはチャンス」
「ギブアンドギブ」

の思考・マインドセットが自然にでてくる世界観は、
どんな世界観かというと、

「自分は素晴らしい」
「この世界は夢がかなうもの」
「この世界は素晴らしいもの」

という世界観です。

世界観には正解はありません。
世界観がベースとなり、
それに応じた、思考、行動、習慣、結果が自然と現れるのです。

もし、服を着替えるように、
TPOにあった世界観を設定して、自由に選択することができれば、どうでしょうか?
そして、ベースラインの世界観を成功体質のものに変えることができたら、

毎日が楽しく、創造的になると思いませんか?
この成功体質の世界観ですごしたら、1年後、5年後、10年後の姿はどうなっているでしょうか?

「愛」と「恐れ」の感情

「自分は素晴らしい」
「この世界は夢がかなうもの」
「この世界は素晴らしいもの」

という世界は、何から生じているのでしょうか?
もう少し深くみていきましょう。

世界観は何から生じるかというと、
基本的な2つの感情のバランスによって決まります。

それは、
世界を「愛」としてとらえているか?
世界を「恐れ」としてとらえているか?のバランスです。

ここでいう、「愛」とは、成長や進化、多様性、一体感といった、
拡大するエネルギーの方向性をもつ感情です。
身体感覚としては、リラックス、副交感神経として現れます。

そして、「恐れ」とは、防御、闘争、画一性、分離感といった、
収縮するエネルギーの方向性をもつ感情です。
身体感覚としては、緊張、交感神経として現れます。

拡大と収縮は同時におこなうことができないので、
状況や環境に応じて、私たちはどちらかの状態を無意識に選択しています。

そして、問題は、この「恐れ」の防御反応である収縮や、
「愛」の拡大の反応を無意識に反射的におこなっているため、
バランスを崩しやすということにあります。

「愛」がいいとか、「恐れ」がわるいという話ではなく、
バランスの視点からみていきましょう。

「愛」と「恐れ」と仲良くなる

「愛」の感情は、いわゆる「快」のポジティブ感情のもとになり、
「恐れ」の感情は、いわゆる「不快」のネガティブ感情のもとになります。

重要なのは、バランスと、選択です。

「恐れ」から生じるネガティブ感情も、
「愛」をベースに活用していく、選択することができれば、
心強い味方に大変身します。

私たち「うる」「ぷる」ハートアカデミーでは、
リラックスと緊張のバランスを、

80% と 20% のバランスをベースにする。

「うる」の状態を80% リラックス、一体感、委ねている状態

「ぷる」の状態を20% 活気がある、線引きしている、頑張っている

を目安にバランスすることを目標にしています。

「愛」と「恐れ」の感情と仲良くなり、

いいわるいではなく、
今の自分にあっているか?
自分にふさわしいか?
環境にあっているか?
バランスがとれているか?

の視点で、「愛」「喜び」をベースに活用することができると、
他人軸ではなく、自分軸で理想の人生を創造していくことができます。

服を着替えるように、TPOにあわせて、
「愛」「喜び」をベースに世界観を選択していくことで、理想の人生を生きる。

それが、「うる」「ぷる」ハートアカデミーの、
「和の成功体質」のコンセプトです。

「愛」と「恐れ」の2つのサイクル

世界観と、成功体質の話にもどしましょう。

「愛」>「恐れ」を「エンジョイ・サイクル」

「愛」<「恐れ」を「サバイバル・サイクル」

とよぶことにします。

世界を「恐れ」としてとらえるバランスが多い
「サバイバル・サイクル」から、

世界を「愛」としてとらえるバランスが多い
「エンジョイ・サイクル」に切り替えることができれば、

「自分は素晴らしい」
「この世界は夢がかなうもの」
「この世界は素晴らしいもの」

という世界観が自然と生まれてきます。

そうすると、自然と、
「恐れ」ベースの他人軸ではなく、
「愛」ベースの自分軸で自立して生きるようになります。

そして、自然と、周囲にもそのような世界観の人たち、
「愛」ベースの自立した人たちが集まってきますので、
さらに、「愛」の世界観がもちやすくなるという好循環・サイクルが生じます。

成功体質とサイクルのまとめ

成功体質の世界観のベースには、
「愛」>「恐れ」のバランスである、「エンジョイ・サイクル」が、
あります。

この、「愛」をベースに小さな成功体験を繰り返していくほど、
「あ、やっぱり、夢はかなうよね、自分素晴らしいよね、世界って素敵よね」

とより一層、「愛」の感情、世界観が確信にかわっていき、
さらに、成功体質が加速する、という成功の好循環になっていきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

成功は習慣によって決まり、
習慣は行動によって決まり、
行動は思考によって決まり、
思考は世界観によって決まり、
世界観は・・・
「愛」「恐れ」の感情バランスで決まる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「愛」「恐れ」感情バランスを、意識的に選ぶことで、
世界観を選ぶことができ、
結果として、自分の人生を自由に「選んで」いくことができるようになります。

人間の脳は骨董品のため、初期不良をかかえている

それでは、
「愛」「恐れ」の感情バランスは、
どのように決まるのでしょうか?

ここで、大きな問題があります。

「愛」「恐れ」の感情バランスは、
意識しない限り、過去の記憶や情報、環境からくる自動反応になっています。

そして、多くの場合、人間のもつ古い脳の特性として「恐れ」を感じやすいために、
現実の世界観のデフォルト「生まれつき」の設定として通常、
5%が「愛」、95%が「恐れ」の自動バランスに設定されています。

例えば、
95%のポジティブ、5%のネガティブのバランスで起こった事実に対し、
5%のポジティブ、95%のネガティブと脳が自動的に解釈するのです。

ところが、成功体質になるためには、
80%~95%は「愛」として感じる感情のバランスが必要になってきます。

特に、日本は「平和」と「思いやり」の文化ですので、
古い脳の「恐れ」の感情は実際には役に立たず、
「愛」の感情のほうが上手くいく場面がほとんどです。

それでは、どのようにすれば、この感情のバランス設定を変更し、
TPOに合わせて、感情を選べるようになるのでしょうか?

0から始める「幸せ」の貯金

「愛」の感情のバランスを高める、最も簡単かつパワフルな習慣があります。
しかも、いつでもどこでも、誰でもできる習慣です。

それは、感謝の習慣幸せの貯金です、

私たち人間は、遺伝子的に幸福感を求めるようにプログラムされています。
そのため、幸福感が増えると、「愛」の感情が高まるようになっています。

幸福感には3種類あって、
根本的な幸福感
関係性から生まれる幸福感
願望や状況から生まれる幸福感

どれも重要で、どれがかけてもバランスがとれませんが、
特に重要なのが、①根本的な幸福感と②関係性から生じる幸福感です。

「恋愛が上手くいった」「仕事がうまくいった」や「宝くじにあたった」などの幸福感は、
③願望や状況から生まれる幸福感
にあたりますが、
自分でコントロールすることは出来ませんし、
相手の状況や、社会状況によって左右されます。
増減する幸福感です。

それに対して、
根本的な幸福感
関係性から生まれる幸福感
は願望、結果によらない、持続的な幸福感です。

この2つの幸福感は、どんな状況でも減ることのない幸福感です。
この幸福感がふえるほど、「愛」の感情のバランスが多い世界観となります。

しかも、この2つの幸福感は、毎日の習慣で、ため続けることがでるのです。
それが、感謝の習慣幸せの貯金です。

根本的な幸福感を育む、毎日の「幸せ」貯金

根本的な幸福感を育む、毎日の「幸せ」貯金の基本は感謝の貯金です。
それでは、感謝の習慣について、簡単な練習を紹介します。

あさ起きたら、10分
よる寝る前に、10分

時間をとって、
布団のなかで、当たり前のことに「感謝」する練習をしましょう。
当たり前のことにというのがポイントです。

水が飲めること、食べ物があること、
太陽が昇っていること、雨が降ること、
いま、心臓が脈打っていること、呼吸をしていること、
どれもが奇跡的なことです。

感謝を練習して育むほど、根本的な幸福感が育まれていきます。
感謝によって育まれた幸福感は、貯金のようにたまっていきます。
そして、どんな状況でも減ることはありません。

関係性の幸福感を育む、毎日の「幸せ」貯金

関係性から生まれる幸福感を育む、
毎日の「幸せ」貯金の基本は、問いかけ行動です。

関係性から生まれる幸福感とは、
大切なものを大切にしているときの幸福感です。
相手の喜びが自分の喜びになっている幸福感です。
そして、信頼の関係性からうまれる幸福感です。

人間関係、健康、経済、すべての関係性の基本は、
自分自身との関係性です。
毎日、自分に問いかけてください。

まずは、自分自身を大切にしているか質問しましょう?

・自分に正直に生きているか?
・本当にやりたいことはなんだろう?
・誰のために何をしたいのだろう?

自分の理想のモデルは誰だろう?
・そのために、いま出来ることはなんだろう?

そして、どんな小さなことでもいいので、行動してください。
毎日、自分に思いやりといたわりをもってきてください。

恐れや不足感からではなく、愛と喜びから自分軸で行動したとき、
どんな毎日になるでしょうか?

あせらず楽しく貯金しましょう

①根本的な幸福感
②関係性から生まれる幸福感

この2つの幸福感は、どんな状況でも減ることのない幸福感です。
あせらずゆっくり、毎日の習慣として貯金していきましょう。

この幸福感がふえるほど、
「愛」の世界観が選びやすくなります。

幸福感の80%以上を、持続的な幸福感で満たすことを設定しましょう。


「自信」や「勇気」「好奇心」が自然と湧いてきます。

そして、好循環の成功体質となって、

3つめの幸福感、願望や状況から生まれる幸福感
「成功」から生まれる幸福感を、
余裕をもって楽しんで味わえるようになります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

成功は習慣によって決まり、
習慣は行動によって決まり、
行動は思考によって決まり、
思考は世界観によって決まり、
世界観は「愛」「恐れ」の感情バランスで決まり、
感情バランスは、毎日の幸せ貯金で決まる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それでは、エンジョイ!幸せ貯金!
幸せ貯金で、理想の人生を生きてくださいね!!